O脚矯正治療

■PANセラピー予約状況

■PANセラピーの料金はこちら>>

治療プログラム

細野クリニックが考えるO脚の原因

O脚は次の3つのタイプに分かれます。
① 骨盤(骨格の構造異常)に原因があるもの
② 立ち方(筋肉の使い方)に原因があるもの
③ ①②両方の原因があるもの

骨盤に原因があるO脚

「骨盤が原因でO脚になってしまう」という話はなんとなく聞いたことがあるかもしれません。

骨盤の状態がどういった位置関係にあるかはO脚治療に重要な要素ですが、正確な診断なくして正しい治療を行うことはできません。

よく「骨盤が横に広がることで股関節が外側にずれる」という話を聞きますが、そもそも骨盤は横には広がりません。

骨盤は、腰椎の位置に連動するので、前後の軸で前傾もしくは後傾になります。

どうして横に広がるといわれるのか?

骨盤を正面から見たとき、上や横に広がって見えるのは、前傾や後傾に伴って見え方がかわているにすぎません。

下の図を見てください
骨盤

骨盤が前傾か後傾かを診断するには、リラックスした立位(立った状態)で骨盤の位置関係を診ます。
身体の重心に対して骨盤が前にいれば前傾、後ろにいれば後傾です。

骨盤が後傾していることが原因

上図の右端のように骨盤が後傾になっていることがO脚の原因の一つです。
※O脚タイプ ①。

後傾骨盤になっている方は、腰椎・骨盤が後傾していることが原因で股関節が開いてしまっており(外旋する)、その結果、膝が外側に開きO脚になっているのです。

このタイプはO脚の原因である骨盤の後傾を治療するだけでO脚が改善します。
(タイプ③のように筋肉の使い方が悪い方は、別途使い方を改善する必要があります。)

骨盤の状態をどう確認するか

当院では、全脊椎や頸椎と合わせて骨盤の状態を骨格アライメントドックで診断します。

骨格アライメントドックは、レントゲンを用いて行う骨格配列の診断です。

通常レントゲンは骨折しているかどうかの検査のために用いられ、骨格配列の検査では使用されません。

写真や3D写真などでもある程度は骨格の状態を類推することは可能ですが、その診断は正確とはいいがたく※、精度で骨格アライメントドックに及ぶことはありません。

※見た目上は反り腰だが実は後傾しているというケースは多数認められています。また、側彎を認める例などがあるため。

正確に診断するためには、レントゲンを用いて骨格のアライメント(配列)や背骨の彎曲の状態を診断することが必要なのです。

O脚タイプ ①のように、腰椎・骨盤が後傾してから長期間経過していたり、強い負荷がかかっている場合は、腰椎や股関節の炎症、骨変形の程度が現れてくるため、レントゲンによって骨格アライメントだけでなく、骨変形の程度なども診断しておくことが必要です。

骨格アライメントドックでわかること

骨格アライメントドックでは、骨格の状態を診断するために、頸椎4方向と骨盤2方向のレントゲン単純撮影に加えて、ダイナミック撮影による頸椎や腰椎の可動性、全脊椎の配列診断(側彎の有無など)を行います。

一般的にO脚の原因とされているのは骨盤と股関節ですので、O脚の診断と、全脊椎や頸椎は一見関係がないと考えられがちですが、腰椎・骨盤の後傾は、頸椎や胸椎に関係していることが多いため、腰椎・骨盤だけの検査では不十分です。

その為、骨格アライメントドックでは、脊椎全体の状態を調べます。

立ち方に原因があるO脚

「骨盤に後傾等の異常がないのにO脚」という方もいらっしゃいます。この場合は身体の使い方(下肢の筋肉の使い方)にも問題があります。タイプ②になります。

その中でも特に問題があるのは重心です。

骨盤

上の図を見てみましょう。
O脚の方は特に足の外側に重心を置いてしまうケースが多く、この場合下肢外側の筋肉が発達してしまいます。その結果、股関節が外旋しO脚になってしまい、開いてしまった膝がつかなくなります。

重心を変える

タイプ②のO脚の方の足の重心は外側重心になっています。

骨盤が後傾しているタイプ①の方は、外側重心になっていても骨盤の位置を正常に戻すだけで自然にこの重心が変わりO脚が治ります。

ところが、骨盤の位置は悪くないにも関わらずO脚になっているタイプ②の場合は、外側重心である身体の使い方に原因があります。

O脚を治すためには、重心を小指(小指球)側から上図の親指の付け根(母指球側)へ持ってくる必要があります。

もちろん、ただ重心を内側にしただけではO脚は治りません。重心を内側にし、さらに股関節の位置を正しくする必要があります。

改善方法

タイプ②の方は、正しい重心の位置でO脚が治る筋肉の使い方ができるよう、自宅でできるエクササイズやO脚改善ストレッチを指導します。

「骨盤の位置が悪くない場合はPANセラピーは必要ないのではないか」との質問をいいただくこともありますが、タイプ②のO脚では、PANセラピーにより下肢の外旋筋群の筋肉の過緊張を改善することでO脚が改善するスピードを促進することができる為、必要な治療であることに変わりはありません。

当院で分類しているタイプ②のO脚のように、骨盤の位置が悪くないO脚の方の場合は、身体の使い方(筋肉の使い方)が間違っているケースがほとんどです。

しかし現在の身体の状態では意識しても内側に重心をかけた筋肉の使い方を続けることができず、また膝を付けようとすればするほど、下肢の外旋筋群を緊張させてしまい、余計にO脚を悪化させている例が多数確認されています。

PANセラピーでは、身体全体を治療することで、骨格アライメントを治すだけでなく、筋緊張のアンバランスを改善します。

下肢の外旋筋群の過緊張を強く認めるO脚の方に対してPANセラピーを行うと、筋緊張のアンバランスだけでなく、身体の使い方(筋肉の使い方)を改善していくことで、治療効果を促進していくのです。

O脚の何が悪い?

多くの場合O脚の改善は見た目からくる問題ですが、様々な不調を引き起こす要因となります。

下半身が太りやすい
前述のように、多くのO脚の方の重心は外側重心となっているため、外側の筋肉が発達することで、偏った筋肉の発達がおこり、より脚が太く見えます。

また、股関節が外旋位にいることで、静脈やリンパの戻りが悪くなり脚がむくみやすくなります。またその結果、脂肪がつきやすくなります。

上半身に比べ下半身が太って見える方は、O脚を改善をすることがバランスのとれた体型の第1歩となります。

将来、ヒザや足首などの、関節痛がでる恐れがある

O脚の方の股関節が外旋位にあり骨格はバランスが悪くなった状態ですので、ヒザや足首などの関節に大きな負担がかかります。

20代、30代が原因でとなると考えにくいですが、その状態が長く続くと、将来「膝や股関節痛」などの痛みとして現れることもあります。

治療効果の一例

21才女性

【初期症状】
太ももから踵までが左右で開いた状態。やや強いO脚と診断。
O脚とともに強い腰痛を認める。

【8回治療後】
膝はくっつき、太ももから踵までの左右の開きは大幅に縮小。腰痛も改善。

27才女性

【初期症状】
膝から下が開いた状態。軽度のO脚と診断。

【5回治療後】
膝が近づき、ふくらはぎの開きも改善してきている。

PANセラピーの料金

¥8,640 / 回  回数券(10回券):¥65,900(集中治療;3か月有効)

※ 男性の方は¥9,200 / 回です。(筋緊張が強く重症であるケースが多く治療工程が多くなるため)


住所:東京都中央区京橋1-6-11 カンケン京橋ビル2F
FAX:03-3563-0578
MAIL:info@hosono-clinic.com
診療科:皮膚科、内科、整形外科
院長:細野周作
<提携病院>
聖路加国際病院/東京医科歯科大学付属病院/虎ノ門病院/東京都済生会中央病院/井出デンタルクリニック/伊藤メディカルクリニック