顎関節症治療

■PANセラピー予約状況

■PANセラピーの料金はこちら>>

治療プログラム

顎関節専門外来は、歯を削らずに、PANセラピー骨格全体のバランスを整えることで顎関節症・咬合違和感を治療します。

顎関節症治療 対象疾患

  • ■顎が痛い
  • ■朝、起きると、顎の周りが疲れている
  • ■口が開きにくい、口を大きく開けると痛みがでる。
  • ■顎関節症ではないが、かみ合わせに違和感を感じる。
     もしくは、かみ合わせに不調を感じる。
  • ■歯を削ってかみ合わせを治したら、余計違和感がある。
  • ■虫歯を抜いてから、なんとなく調子が悪い。
  • ■かみ合わせがしっくり来ない
  • ■「はぎしり」を指摘される。
  • ■どこの医院へ行っても顎の痛みが良くならない。

思いあたる症状はありませんか?
当院の顎関節症外来では、顎関節症だけではなく、上記のような症状も治療対象としています。顎関節症の他、噛み合わせに不調を感じている方、噛み合わせに違和感を感じている方など、顎に関する悩みを全て解決します。

顎関節症治療の治療方針

  1. 原則、薬を使用ぜずに治療します。
  2. 歯を削ったり、足したりという事は一切行いません。
  3. 痛みや違和感を取り除き、再発しない身体をつくる治療を行います。

院長 細野周作より顎関節症でお悩みの皆様へ


「痛みの原因」は筋肉の過緊張である

「顎関節症が治らないのですが治療できませんか?」

ある日患者様からこのような相談を受けました。ご存知の通り顎関節症は歯科医の分野です。私の専門外ではありましたが、「話す時に口をあけるだけで辛い」「食べる時に噛む度に痛みを感じる」というお話を伺っていると、その症状が非常に辛いということはすぐに理解できました。その時は「歯科の分野ですから治療するのは難しいです。」とお断りしましたが、分野が違うというだけで治療をお断りすることに 少々違和感を感じていました。

そうしているうちに、同じような相談を数件受けることになりました。つらいご症状の相談をお断りするのもと思い、詳しくヒヤリングをさせていただきました。やはりご症状は、口が開きにくい、もしくは開かないというものでしたが、痛みがなく違和感程度の患者様もいらっしゃり、当初考えていたよりもご症状は様々で、非常に辛い毎日を送っていらっしゃることわかりました。

「歯科の分野といえども顎の痛みや違和感は『関節』が関わっている。
骨格の位置ズレを治す治療理論を用いればこの辛い症状を治せるかもしれない。」

当時すでにPANセラピーを当院の治療に取り入れてから1年半が経過しようとしていた頃、アトピー性皮膚炎を主体とした皮膚科疾患、腰痛、四十肩などの整形外科疾患を治療し、当院で治療された患者様もおそらく延べ1万人を超えたばかりの頃でしたから、今までの実績からこう考えました。

明らかに分野が違う疾患を治療しようと考えたのには他にも理由があります。
私は顎関節症を患っていないので、その痛みを身をもって体感したわけではありませんが、
「日常生活に支障をきたす」という部分はアトピー性皮膚炎と同じくらい辛いと肌で感じることができます。

「かゆみと痛みは違う」という声が聞こえてきそうですが、アトピー性皮膚炎には、通常の痒みとは違うからだの奥から湧き上がってくるかのような痒みがあり、その痒みがあると、いてもたってもいられなくなります。

体験のある方にしかわからないかもしれませんが、ひどい時はかゆくて夜も眠れないほど。
広い意味ではどちらも日常生活に支障をきたしており、大いに共通項目がります。
「痒み」と「痛み」は私の中でリンクしました。 当時私は、

当然顎の関節に異常があるはずから、
骨のズレを治し関節の動きをよくすればよくなるに違いない」

と考えていました。
そこでまず、骨格の位置ズレを治していく方法で、顎関節を直接治療してみることにしました。

ところが、実際に治療を行ってみると、そんな簡単なものではありませんでした。2つの問題が私の前に立ちふさがったのです。

  1. 痛みが伴うことがある。
  2. 治る方もいるが、効果がない方もいらっしゃる。

治療を行った私には、どちらもとても大きな壁でした。

そこで私は古くからの友人でもある歯学博士にアドバイスを依頼しました。
その意見交換から、2つの意外な事実を知らされたのです。

それは、

  1. 顎関節症は、つい最近までそのメカニズムを解明されていなかった。
  2. これだけ症状が出ている方が多いにもかかわらず、 歯科医で行っている治療は根本治療ではない。つまり、一時的に痛みをとる事が出来ても、真の意味で治療することができない

この2つの事実が、私を顎関節症外来の本格的なプログラム作りへとかきたてたのです。

これだけ多くの方が悩んでいるのに、根本的な治療が未だ出ていない。
医師という職業は症状を抑えるだけでなく、「病」を治してこそ、その意味を発揮する。
では、分野が違うからあきらめていいのか・・・いいやそんな事はないはずです。私にも出来る事はないのか。症状の本質的な解決へ手が届きそうで届かない状況の中、私の中でそれら言葉が消えることはありませんでした。

プログラム作成にあたり、診療後の時間を使って歯学博士の友人と更なる意見交換を行いました。その期間は3ヶ月ほど。そこでやっと1つの結論にたどり着きました。これこそ顎関節症特別外来のメインテーマにもなっている、「痛みの原因は筋肉の過緊張である」です。

この理論は顎関節症の理論としては新しいものではありますが、
2人で導きだした画期的な理論であると考えています。

「腰痛などの整形外科的疾患のは骨格条件に起因する。」これは、痛みの分野について申し上げていることですが、(詳しくは「痛み外来のページ」の項目をご覧下さい。)顎関節症に関しても頚椎(クビ)のズレによる筋肉の過緊張が原因なのではないかという結論に至ったのです。今思えば、その答えは意外にも近いところにあったのです。

さらに2ヶ月を要し、何名かの患者様を治療しました。その結果、ほとんどの患者様で効果を上げることができました。


「顎関節症の再発」という大きな壁

ところがです。

「治っても次に来院される時には再発してしまう」というさらに大きな壁が再び立ちはだかりました。

確かに治療後は調子が良くなります。痛みは大幅に減りますし、口も大きく開けられるようになります。しかし、その結果を持続することができないのです。私と友人は再び行き詰りました。

治療しただけでは根本からの改善にはなっていないのではないか。とすると、根本原因は他にもあるのではないか。治療の内容は良い効果をあげているということは・・・治療した結果を治療前の状態に戻している何かがあるはずだ。私はこう考えました。

そもそもPANセラピーで骨格を治療すると、身体の歪みは1回の治療でよくなります。ですが、生活習慣によって元の状態に戻ってしまう部分もあるため、何回か治療を行い、治療後の状態が習慣になり維持できるよう治療を重ねていきます。「当然顎関節症でも同じ事が起こるは ず。」そう考えていたのですが、何度治療しても再発する方は再発してしまうのです。

そこで私は再び歯学博士の友人を訪ね、さらなる意見交換を行いました。ここでさらに見えてきたのは、原因となっている「習慣」は骨格の習慣だけではなく、無意識下で行われる「噛み締め(ブラキシズム、TCHなど)である」という結論でした。

根本原因は、
骨格のズレによる筋肉の過緊張とブラキシズムをあわせて1つだったのです。

当院の顎関節症外来では、まず、筋肉の過緊張によっておこっている痛みをとり、再び痛みのある状態に戻さないよう、骨格治療に加えて、生活習慣の改善もお願いしています。

すでに当院では、顎関節症の分野において、かなりの成果をあげることができています。

多くの方々に 痛みや痒みなどの不快な症状のない世界を味わっていただくために、
まず治療してしっかりと結果を出す。 それが医師の務めだ。

私はそう考えております。顎関節症だけでなく、かみ合わせの違和感など、歯科治療だけではっきりと効果が現れない症状にも効果的です。きっと医師と歯科医師の共同治療の成果に驚かれることでしょう。

細野クリニック
院長 細野周作

顎関節症の新事実 「今までの治療法では治りにくい」

顎関節症とは、その名の通り、顎関節や顎関節の周囲に障害が起きた状態で、顎関節周辺に何らかの異常がある状態を指します。

よく見られる症状として、「あごが痛い」「あごが鳴る」「口が開けづらい」などが挙げられます。
あまり知られていませんが、

今まで「正しい」「効果がある」とされていた治療では、
顎関節症を的確に治す事はできません。

実は、「顎関節症はどのように起きるか」「どのように治療をすると顎関節症が良くなるのか」
ということは、長年よくわからないままだったからです。

※詳しくは 「顎関節症の真の原因と治療法」 をご覧下さい。

顎関節症治療の治療法

~医師と歯科医師の連携による治療~

当院の治療方法は、一般に行われている顎関節症とは大きく異なります。

PANセラピーで骨格を整える。

当院の顎関節症完治プログラムでは、まず頭蓋骨と第一頚椎の位置ずれを治療し、骨格レベルで顎関節周辺の筋肉の緊張をとり除きます。
顎関節症で悩んでいる方の多くが、こめかみ(側頭筋)やあご(顎舌骨筋・顎二腹筋)やほっぺた(咬筋)の筋肉に疲れを感じています。この部分の筋肉の緊張の原因に、頭蓋骨や頚椎の位置ずれが関係すると考えられます。

「顎関節症の真の原因と治療法」 も併せてご覧下さい。

価格

顎関節PANセラピー    \7,200

顎関節症の患者様のためのPANセラピーです。
骨格全体のバランスから顎関節を治療します。



住所:東京都中央区京橋1-6-11 カンケン京橋ビル2F
FAX:03-3563-0578
MAIL:info@hosono-clinic.com
診療科:皮膚科、内科、整形外科
院長:細野周作
<提携病院>
聖路加国際病院/東京医科歯科大学付属病院/虎ノ門病院/東京都済生会中央病院/井出デンタルクリニック/伊藤メディカルクリニック