アトピー専門外来

■PANセラピー予約状況

■PANセラピーの料金はこちら>>

診断基準「皮膚の健康レベル」

当院のアトピー専門外来では、「皮膚の健康レベル」という独自の診断基準に基づき、統合医療の観点から、アトピー性皮膚炎の痒みの状態、皮膚の湿疹、赤み、乾燥の状態等を総合的に診断します。

皮膚の健康レベルとは

アトピー専門外来を受診される患者様のご症状は1人1人異なります。症状の重症度や経過、体質が異なるからです。

当院では、患者様の皮膚の状態を「皮膚の健康レベル」という概念に基づいて、痒みの状態、皮膚の湿疹、赤み、乾燥の状態等を総合的に診断します。

「皮膚の健康レベル」は当院独自の診断基準です。
おそらく名前さえ聞いたことがないという方がほとんどだと思います。

血圧やコレステロールの値は客観的な「数値」として表すことができ、その「数値」に基づき体の状態を客観的に判断することができます。身近な例では所属している会社で実施される健康診断を思い浮かべていただけるとわかりやすいのではないでしょうか。

皮膚の状態も「数値化」することができれば、客観的に把握することができ、より正確な診断をすることができるのですが、残念ながら現状それは不可能です。
そこで当院では、皮膚の状態の数値に代わるものを「皮膚の健康レベル」としています。
目安ではありますが、当院では下記のように患者様の皮膚の状態(皮膚の健康レベル)を各ステージに分けています。まずはご自身がどのステージにいらっしゃるか確認してみてください。

皮膚の健康レベル

Ex
一般の方の皮膚と比べても遜色ない皮膚を手に入れた状態。色素沈着が取れ、季節の変わり目やストレスなどの外的要因によって調子を崩すことはなく、最低限生活に気をつけていれば、充実した生活を送ることができる。

VG
薬を塗らなくても正常な皮膚の状態を保つことができる。見た目でアトピーだとわかることはなく、痒みもほとんどない状態。
季節の変わり目などの外的要因に反応してしまうことはあるが、多くの場合は一時的であり、適切なスキンケアですぐに落ち着く。 一時的にステロイドを外用しても、繰り返し使用し続けることなく自然にやめることができ、しばらくするとステロイドの外用に頼ることなく良い状態を維持できる。
ここまで回復すれば、アトピー専門外来の卒業レベルと認定しています。

レベルA
弱いレベルのステロイド外用剤でも効果が出る状態。週に何回かのペースで気になる症状がでるも、ステロイド外用剤等の塗り薬を使用すれば、炎症のおさまった皮膚の状態をキープできる。
肌質は季節により左右されることもあるが、保湿剤を使用すれば、そこまで乾燥が気になることなく皮膚の状態をキープすることができる。

レベルB
ステロイド外用薬の効果が出るが、肌質のレベルが落ち、頻繁に保湿をしないと乾燥を防げない状態。
皮膚のゴワゴワ感や表面的な痒み、時折内面よりこみ上げる痒みがあり、かき壊し等も数箇所に確認できる場合がある。
塗り薬(ステロイド)の使用により、痒みのレベルが半分以下になる。

レベルC
全体的に強い掻痒(かゆみ)が認められる。
ステロイド外用薬を使用しても痒みが軽減しない(もしくは小程度の軽減である。)
睡眠時、無意識に患部をかき壊してしまう。もしくは常にどこかにかき傷がある。
強い乾燥があり、保湿をしてもほとんど効果を感じられない。

レベルD
絶えず痒みを認め、かき壊すと滲出液が頻繁に出る状態。
強い痒みがあり、慢性的に睡眠不足であることや、昼夜逆転することもある。
ステロイド剤を外用してもほとんど効果を認められないレベルで、ステロイド剤の内服や入院の適応となる場合もある。

皮膚の健康レベルを決めるもの

ご自身の症状に近いステージは見つかりましたか?中には「レベルAの要素とBの要素がある」というように、どこかのレベルの間にご症状が該当する方もいらっしゃると思いますが、その場合は低い方のレベルの上の方(上記の例で考えればレベルBの上の方)と考えて下さい。

では、皮膚の健康レベルは何で決まるのでしょうか。
もちろん遺伝や体質も関係しますが、それ以上に環境的な要素やストレスによる影響が大きく関係します。
遺伝は先天的なものなので変えることができませんが、体質は後天的な要素が強く、骨格条件と栄養条件を改善することにより変えることができます。

残念ながら、一般的な皮膚科(保険診療) では、症状を緩和させる ことが主な治療目的とされます。
つまり、皮膚の健康レベルをゼロまではあげることができますが、それ以上引き上げてより綺麗な皮膚にしていくことはできません。

ステロイドで皮膚の炎症がおさまったけれど、「外用を止めると再び湿疹がでてきてしまった」「色素沈着が消えない」という悩みを抱えている患者様は多いと思いますが、これは、症状を抑えることができたけれど、皮膚の健康レベルはゼロまでしか上がらなかったことをあらわしています。

「体質だからアトピーは治らない」とあきらめてしまう方もいますが、骨格条件と栄養条件を改善し、皮膚の健康レベルを上げることができれば、皮膚の症状を改善するだけでなく、症状をぶり返しにくい体と綺麗な皮膚を手に入れることも可能です。

このように、アトピー専門外来では、「症状を治すだけでなく、丈夫で綺麗な皮膚をつくることが可能な体を手に入れること」を目的としています。症状があるマイナスからの回復だけに留まらず、 より健康的なプラス(健康レベルの高い)への医療を実践しています。

「プラス・マイナス」を聞くと理解が難しいかもしれませんが、

症状が出ている         → マイナスの状態
症状を抑える          → ゼロの状態
症状が出ない、丈夫な綺麗な皮膚 → プラスの状態

とご理解いただくとわかりやすいでしょう。
皮膚の健康レベルを引き上げること(=体質を変えること)によって、プラスの状態(オプティマルヘルス)へ導くことが可能なのです。

骨格条件と栄養条件が改善することで、正常な神経系統の機能が取り戻され、細胞が正常に働くために必要な栄養素が満たされると、体の代謝が改善し、正常に近い機能を取り戻すことができます。

当院では、皮膚の健康レベルを上げるために、骨格条件と栄養条件を変える治療、PANセラピー(筋骨格治療)と栄養療法を組み合わせて治療を行っています。

その中でも本質的な治療はPANセラピーです。
筋・骨格からくる構造由来の問題を解決して、皮膚の健康レベルを上げることが目的です。
PANセラピーは根本的な治療であるため、骨格条件が変わっていくためにはそれ相応の時間が必要で、個人差も大きく存在します。

その間相乗効果が期待できるのが、栄養療法を組み合わせることです。細胞にとって必要な栄養素を十二分に摂取することで体の栄養条件を満たし、皮膚代謝が正常となり、丈夫な皮膚を作ることができる体へと変化を促します。

また、皮膚の健康レベルがあがるのは段階的です。治療を受けたからといてレベルDの 方が短期間でレベルAとなることはありえません。治療による体の変化に伴って一歩ずつ解決した部位に関連する症状から変化していき、不快な症状が消失していきます。皮膚の健康レベルの改善に伴って症状が治っていくのです。(下図をご参照ください)

治療へのプロセス

また、「皮膚の健康レベルは下がることがあるのか?」「下がってしまったらどうするのか?」という質問をいただくことがあります。

皮膚の健康レベルは遺伝や体質(骨格条件や栄養条件)、環境の変化に大きく影響を受けるので、悪い生活習慣などによって骨格条件の悪化(姿勢の悪化や歪み)や栄養条件が悪化(不規則でバランスの悪い食生活)し、健康レベルが引き下げられる可能性は否定できません。
しかし治療により健康レベルを上げていった体であれば、仮に皮膚の健康レベルが下がってしまったとしても、適切な治療を施すことで、悪化する前の健康レベルまで回復するのに多くの時間はかかりません。

一時的に皮膚の健康レベルを下げてしまう体質以外の要因としては、急激な気温の変化、花粉等の外的要因などの環境の変化も考えられます。
しかし、皮膚の健康レベルが上がった方の皮膚は、こういった外的要因にも影響を受けにくくなり、良い状態を保つことができます。
環境による影響が強く出る場合は、まだ皮膚の健康レベルが改善の途中であると考えることができます。
治療を受けられて1年以上経過した方の感想で多いのが、例えば、「1年前は乾燥がひどくて辛かったけれど、今年はあまり痒くないし乾燥しない」というように1年前の同じ季節と比べた時に症状が大きく緩和していることが多いのです。

皮膚の炎症を抑えるだけであれば、ステロイド剤を使用すれば可能です。
またステロイド剤を使用しない治療は民間療法まで含めて数多くの治療法があります。
しかし、あくまでも炎症を抑える、症状を緩和するということが中心で、健康レベルという観点で分析すると、行われている治療はマイナスからゼロまでの治療です。

当院では、皮膚の健康レベルを上げ、症状を抑えていくことだけでなく、症状が起きない体を手に入れ、さらに綺麗な皮膚にしていく、皮膚の健康レベルをマイナスからプラスへ引き上げていく治療を行います。
またステロイド治療では掻き癖が改善しないことが多いですが、皮膚の健康レベルが上げることで、猛烈な痒みが改善してくため、気がつくと掻かなくなり掻き癖も改善していきます。

皮膚の健康レベルにそった皮膚の体質改善治療は、症状を抑えるだけでなく、綺麗な皮膚を作る健康な体を手に入れることができる治療なのです。 


住所:東京都中央区京橋1-6-11 カンケン京橋ビル2F
FAX:03-3563-0578
MAIL:info@hosono-clinic.com
診療科:皮膚科、内科、整形外科
院長:細野周作
<提携病院>
聖路加国際病院/東京医科歯科大学付属病院/虎ノ門病院/東京都済生会中央病院/井出デンタルクリニック/伊藤メディカルクリニック