アトピー専門外来

■PANセラピー予約状況

■PANセラピーの料金はこちら>>

オリジナルローション

顔にも使用できる当院オリジナルのボディーローション。
使用する水にこだわり、富士山麗の水と同じ成分の特別な水を使用しています。
オリジナルクリームの下地として使用することで、乾燥の強い方でも対応することができ、乾燥の少ない季節は単体でもご使用いただけます

程よい保湿感が長く続くように

オリジナルウォッシュで皮膚を清潔にした後は保湿をする必要があります。これはスキンケアの基本でもありますが、当院ではアトピー性皮膚炎の方に「脱保湿」をオススメしていない為、保湿を担当するスキンケアとしてオリジナルのボディーローションを作成するにいたりました。

参考:脱保湿は避けるべき

特にクリームでは保湿しすぎてしまう。そこまで乾燥はひどくない。乾燥に困っている季節ではない。という方にもご使用いただけるように作成しています。

オリジナルローションができるまで

細野クリニックのオリジナルローションは、少しだけ乾燥がある患者様と、乾燥の症状が強く出てしまっている患者様から頂いたリクエストをいただいて作成しました。

当院のオリジナルクリームは保湿力はほど良い程度に落ち着いており、ベタベタする使用感ではありません。これは、保湿することによってかゆみが増すというアトピー特有の症状を防ぐことを目的としていますが、一方で乾燥感が強い患者様から「もっと保湿力が強いものが欲しい」という要望がでていました。

保湿をすることで痒みが出てしまうポイントはご症状により異なるので、始めに考えた方法は、クリームとプロペトや馬油などと混ぜる方法でした。混ぜて保管するのではなく直前に混ぜて使用することで、好みの保湿感を調整することができるので、まずはこの混合法を指導していました。
これは現在も指導している方法で、患者様のご症状によっては評判が良い方法なのですが、使用感はオリジナルクリームと比べるとベタベタするので、この使用感が好きになれない患者様もいらっしゃるようでした。

ボディーローションという選択

通常であれば、「保湿が強いクリームをつくろう」という方向に行きそうなものですが、冒頭でも申し上げている通り、痒みが強く出てしまう患者様もいらっしゃる為、現実的ではありません。しかも使用感を変えずに保湿力を出すという課題はなかなか難しいものでした。

実は同時期に患者様からもう1つリクエストを頂いていました。
「冬の乾燥にオリジナルクリームは最高だけど、夏はベタベタな感じがする」
乾燥感がそこまで強くない患者様は、湿度が高い季節はどうしてもクリームでは保湿されすぎてしまうようです。

この2つのリクエストに同時に答えるものはないか・・・単体でも保湿ができ、さらにクリームの保湿を高めるもの・・・そう考えていたときにふと考えついたのが「ボディーローション」という選択でした。

ローション製作の壁

オリジナルクリームのように、有効成分が多いローションを開発すればいい。
既にオリジナルクリームを開発していた私やスタッフにとって、ボディーローションを開発するのにそこまで時間は必要ないと考えていました。

しかしこれが誤算でした。
ボディーローションにはオリジナルクリームのように有効成分をこれでもかとつぎ込む方法が通じなかったからです。

というのも、試作第1弾として製作されたボディーローションはの使用感は、「ローション」という使用感からは遠く離れたものでした。あえていうのであれば、美容液というかゆるいクリームというか・・・そんな使用感でした。
保湿成分が多くなると使用感はこのようになりやすいようですが、乾燥の少ない季節には単体で活躍できるものの、クリームと大差ない仕上がりでした。

では水の使用感を前面に出したものを。としてあがってきた試作第2段は、いわゆる化粧水。クリニックで出すものですので、香料などは省きましたが、いわゆる市販のボディーローションの範囲で、クリニック品質を備えているとは考えられないものでした。

出会ったのは特別な「水」

化粧水は「水」によって使用感が変化します。
そこで使用する「水」を探すことにしました。といっても飲む水ではないので、化粧水としての質感を確かめる為に数度試作を試みましたが、単体で使用でき、クリームとの相性が良い化粧水となると、なかなか決め手に欠けるものでした。そのような状況の中、今の化粧水に使用している「水」と出会うことになります。

「この水はすごいですよ。富士山麗の水と同じ分子構造なんです」

????

業者の方からこれを聞いたときの感想はこんな感じだった。
富士山の水=コンビにでも手に入る という図式が何より先に浮かびました。

「それはコンビニで売っているのとはちがうんですか?」 恐る恐る聞いてみると、
「パッケージ化されてるのは、ろ過され、滅菌されたあとのもの。クラスターが変わってしまっています。私がいっているのはそういった処理がされる前の富士山の水です。」

とのことです。

なるほど。ではそれがみずみずしくなるのものなのか。そして人工で作ったものが大丈夫なのか。不安をよそにまずは試してみることにした。
試したのは化粧水になる前の水だけだったのですが、使用感は驚くほどしみこむものでした。肌にしみこんで潤されている感覚は、まさに肌感覚で分子構造が違うということを理解させられました。

実際のところ、水のみという選択肢もあったのですが、試作品を使用していただいた乾燥感の強い患者様からは、もう少し保湿力が強いほうが良いというリクエストもあり、しみこんだ後に保湿感がでるように、数種類の保湿成分をこの水にたして仕上げました。もちろん「水」という感触を体感できる範囲で。

スキンケア第3弾の完成

こうして出来上がったオリジナルローションは、当院のオリジナルスキンケア第3弾となりました。

アトピー専門外来は、骨格条件、栄養条件、メンタルバランスを整え、体質を変化させる治療を行っていますが、同時に正しいスキンケアを行う必要があります。
患部の保湿は既にオリジナル保湿クリームがありますが、単体としても使用でき、クリームの効果を高めることにもつながるこのローションは、季節を問わずに使用できるという条件も満たし、患者様からもご好評いただいています。

このオリジナルローションの完成で、当院のオリジナルスキンケアは、より幅広いアトピー性皮膚炎の症状に対応することができるようになりました。アトピーの症状で悩んでいて、当院のスキンケアの考え方にご賛同いただける方には、是非1度ご使用いただければと考えています。


住所:東京都中央区京橋1-6-11 カンケン京橋ビル2F
FAX:03-3563-0578
MAIL:info@hosono-clinic.com
診療科:皮膚科、内科、整形外科
院長:細野周作
<提携病院>
聖路加国際病院/東京医科歯科大学付属病院/虎ノ門病院/東京都済生会中央病院/井出デンタルクリニック/伊藤メディカルクリニック